第26回 シールラベルコンテスト2016で経済産業大臣賞受賞!!!

全日本シール印刷協同組合連合会主催「第26回 シールラベルコンテスト2016」において、最高順位となる経済産業大臣賞を受賞しました。
同コンテストには2014年の初出品から3年連続入賞となりますが、なんと本年は初めて1位に選ばれました!!!!

 

■第26回 シールラベルコンテスト2016 受賞作品  <表彰式:2016年11月04日(金)>

3cf647d811a9e6b7501ed26ad72c6d0b-e1478240868894

 

 

今回、このような素晴らしい賞を頂けたのも、シールの製造に対する印刷現場のたゆまぬ努力が実った結果です。

 

お客様のお役に立てる印刷工場であり続けるために、これからも株式会社丸信は成長し続けます!!

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

インキの色作り

ラベル・シールのご注文を依頼されたお客様の中には初めてのご注文のお客さまも沢山いらっしゃいます。色数は何色なのか、この色をだすためには特色を使わないといけないなどお客様が出したい色を出すために何色も練り合わせてインキを作っています。
 

入社して間もないころに工場に見学へ行ったことがありましたが、インキは硬いから練り合せるのには体力を使うと工場の方は言われてありました。
 
 

インキ練り
 

横でしばらく見ていましたが「ぼとっ、ぼとっ」と何個もインキを併せて一つのインキを作っているのを見るとかなりの力仕事であると思いました。
 

このとき、合わせるインキの割合も決められた比率があり、専用のヘラで少量づつ取り出して作業を行っています。印刷機の特性によってインキの定着度合いが変わるので、とても神経質な作業です。
 
 

色については品質管理のページ内にもご紹介をさせていただいています。
 

 

色については基本となるCMYKのほかにも特色がありますので、お見積もりの際に色の事についてご不明な点がある際にもご遠慮なくお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

情報量が増える二層シール

前回はシールの構造についてご紹介をさせていただきましたが、
今回は2層構造になったシールをご紹介させていただきます。

 

シールは普通1枚の紙に印刷されたものと思われる方が多いと思いますが、
2枚のシールを重ねてシールを作る事もできます。

 

良くペットボトルに貼ってある小さなシール。
1枚目をめくると2枚目が出てきて、QRコードやシリアルナンバーが記載されてあることがあります。

 

 

 

情報量が二倍になり、いつい剥がしてみたくなる特徴を利用して様々なシールに活用することが出来ます。
また、異なるシール素材を組み合わせて2層シールにすることもできますので、
販促活動の際にはぜひいかがでしょうか。

 

その他二層シールについてご不明な点がある時はご遠慮なくお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

 

最後に年末年始の営業についてご案内させていただきます。

 

年内は12月29日(水)まで営業いたしています。(閉店時刻は通常通りです)

 

【年末年始休業】12月30日(木)~1月3日(火)
【通常営業】1月4日(水) 9:00 より

 

お正月休みに頂きましたお問い合わせやお見積へのご返答は1月4日以降となります。

お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

シールの耐久性・耐光性について

「シールの耐久性・耐候性はどれくらいですか?」

よくこのようなご質問を頂きますが、各シールの種類(紙素材かフィルム素材か)によって、ラミネート加工をするかしないかによっても異なります。

また、お客様のシールを使用する環境によってもかなり差が出てきますので、はっきりした耐久年数をお応えすることはできないのが実情です。

 

少しでも耐久性をあげたい!!そんな時は「ラミネート加工(表面加工)」を行うことが有効的です。

使用状況により変わりますが、ラミネート加工(表面加工)を行うことで、耐久性が増すだけではなく、表面のキズにも強くなります。

 

弊社ではラミネート加工だけではなく、耐久性に優れた素材の取り扱いもございますので、

素材や加工についてお悩みの方はぜひ一度スタッフまでお問い合わせ下さい(^^)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

シールの構造について

今までいろんな種類のシールの特徴や加工方法についてご紹介させていただきました。

 

今回は1枚のシールの構造について図解付きでご紹介させていただきます。

 

一般的なシールは「表面加工」、「素材」、「糊(粘着面)」、「台紙(セパレーター)」の4層から構成されています。
表面加工をしない場合は3層構成のシールになります。

材質構成の組み合わせを決めるには、被着体(貼るもの)、デザインの内容、使用環境など多面的に検討する必要があります。
  
シールの構造
  
表面加工
ラベル・シールの表面に加工を施すことで、表面を保護することはもちろん、違った印象を与えることができます。
 
■ラミネート加工(艶あり・艶なし)
■ハーフラミネート加工
■糊殺し加工(部分糊)
■箔押し加工(金・銀・色箔)
■エンボス加工
■クリスタルドーム加工
■リオトーン加工
■厚盛印刷(シルク印刷)
  
素材
 
ラベル・シールを印刷する素材には大きくわけて紙系素材フィルム系素材の2種類があります。使用用途や、使用する環境の条件によって素材をお選びください。
  

 
シールの素材と同様に、粘着剤も使用用途に応じて選択する必要があります。しっかりと貼りつけることができる強粘着や、一度剥がしてもまた同じように貼ることができる再剥離糊、特殊な環境でも安心して使用できるタイプなど、様々な糊があります。
  
台紙
 
シール素材をのせている紙を台紙(セパレーター)と呼んでいます。紙とフィルムが素材として使われており、使用する機械や作業環境を考慮しなければなりません。

 

この4構成をお客様のお見積もり内容やお問い合わせ内容をヒアリングし、使用環境に合った最適な組み合わせをご提案させていただくのがオペレーターのお仕事です。!!∑d(≧▽≦*)
  
お客様と対面でヒアリングするのではなく「言葉のみ」でシールの仕様を決めます。
わずかでもご不明な点がある時はご遠慮なくお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

写真付きシールの作成について

今回はシールのデザインに写真が含まれる際のことについてご紹介させていただきます。

 

商品のイメージを伝える為に写真の役割は非常に重要ですよね。
今はスマホで気軽にスナップ写真を撮る事が多くなっています。

ですが、スマホで撮った写真やホームページ上で載っている写真そのまま印刷データとして適切かというとそうではありません。

 

印刷に使用する写真の解像度はカラー写真などで最低解像度350dpi以上のデータをお願いしています。解像度72dpiの低い解像度のデータで印刷すると仕上がりがぼやけたり、ギザギザした粗い感じの仕上がりになってしまいます。文字や単色イラストなどの印刷では2000dpi程度の解像度が必要になります。
 

 

※入稿データのご案内については「入稿するデザインについて」でご紹介しています。
 
 
では「解像度」とは何でしょうか?

 

「解像度」とは、画像の密度のことです。

その単位が「dpi」。「dpi」は「dots per inch(ドット・パー・インチ)」の略で、
1インチにどれだけ「ドット」が含まれているかを表しています。

「解像度」が高いということは、同じ面積でも、「ドット」の数が多いという意味で、
それだけ細かな部分まで表現された、なめらかな画像だということになります。

 
 

画像サイズ/解像度の確認(Windowsの場合)

 

画像のプロパティ
[概要]タブを開く → [詳細設定 >>]ボタン

画像の詳細な情報が表示されます。
サイズ(幅・高さのピクセル数)・解像度が正しく設定されているかをご確認下さい。

 
 

画像サイズ/解像度の確認(Macの場合)

 
MacOS 10.5以降の場合
確認したい画像をプレビューで開きます。
 
サイズを調整
[ツール]→[サイズを調整]
サイズ調整ダイアログが表示されますので、幅・高さ・解像度のそれぞれに正しい値が入っているかご確認ください。
 
 
データの入稿方についてその他ご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アート紙

マルチタイプの材質をお探しなら「アート紙」がオススメ!!

アート紙は上質紙よりもツヤのある材質です。しかしミラコートほどのツヤ感はありません。
カラー印刷でも特色印刷でも発色が良い為、汎用的に使用されている原紙のひとつです。

16bd70529dc4cc55e23d9a77c002012a

食品ラベルから化粧品まで、様々な用途に合わせて使用することが可能です^^

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

レトルト食品用ラベル

レトルト食品・ボイル対応のラベルシールを作りたいけど、

どんな素材を使ったらよいのか分からない・・・・

 

そんなときは是非丸信にお任せください!

 

%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%88%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab

※ラベルの使用環境によっては対応できない場合もございます。サンプルラベルによるテストをお客様で行っていただく場合がございます。

 

素材は「ユポ」を使用し、印刷はレトルト専用インキを使用して作成を行います。

ユポは耐久性に優れているフィルム系の素材で、長時間加熱するレトルト食品用のラベル制作にも使用されることが多い素材です。

 

 

「レトルト食品用ラベル」について質問などがございましたら「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

また「お見積もりフォーム」よりお見積もりのご依頼も随時受付中です!!

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

しわ加工が施された和紙素材 クレープ紙

クレープ紙のラベルは表面に立体的なしわ加工を施し、和紙のような風合いを持つ特殊な紙素材です。

素材の表面にこの様なしわがあるのはクレープ素材だけの特徴です。
和菓子や日本酒などの商品ロゴをはじめ、「和」を意識した用途に対応させると非常に面白い効果が出る素材です。

 

 

クレープ紙素材も和紙の分類に入る素材で和紙クレープとも呼ばれます。
和紙素材自体が種類によって模様や質感が異なりますが、クレープ紙素材は表面を触った時の手触りの良さがあります。

 

 

 

表面の凹凸が激しい素材なのでフルカラー印刷などはあまり得意でない素材になりますので、特色を使用した単純な絵柄の印刷が向いています。

クレープ紙の様な和紙系の素材はコート処理されていない非塗工印刷原紙です。表面が平滑になっていないので、ラミネート加工の適正がありません。基本的に屋外・水場・冷蔵環境には弱い素材となりますのでご要望によってはクレープ紙が使えない事がありますのでご注意ください。

ご紹介した和紙クレープ紙についてご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

重要情報の管理対策に個人情報保護シール

みなさんが重要な書類を郵送する際に、見られたくない情報を隠すために使用する

個人情報保護シール(プライバシーシール)はアンケート用紙、申込書、応募・懸賞はがき等、個人情報を記入するさまざまな媒体に目隠しシールとして知られています。

今回はこのシールの特徴についてご紹介したいと思います。

 

情報を守るためのシールですが、実際に糊面がどうなっているのか写真でまずはご紹介します。
  

 

こちらは貼り直し不可タイプの個人情報保護シールでより機密性が高い書類を郵送する際に使用されるシールです。糊面によってシールも数種類あり、再剥離タイプや貼り直し不可タイプ等もあります。

  

(1)再剥離(簡易タイプ)の目個人情報保護シール

安価な弱粘再剥離糊を使用した簡易タイプで、
表面の印刷内容によっては記載内容が透けて
しまうため、表面のデザインを複雑にする必要があります。

 

  • ・一度貼ったシールを再度貼る事ができる。
  • ・価格が最も安い
  • ・文字が透けるので全面にベタ印刷するなどデザインでの工夫が必要です。

シールの構造

 

(2) 再剥離タイプの個人情報保護シール
訂正用再剥離糊を使用することで表面の印刷を行わなくても記載内容が透け
ない特徴があります。糊面が黒やグレーに着色されてあり、通常の弱粘再剥
離よりも保護の度合が高くなります。

  • ・もっとも使用されているタイプのシールです。
  • ・廉価版より価格が少し高くなります。

シールの構造2

 

(3)貼り直し不可タイプの個人情報保護シール
表面基材と台紙の間に疑似粘着層を持つ透明のフィルムが挟まれていること
が特徴です。一度剥がれた疑似粘着層は二度と元には戻らなくなため、第三
者が剥がして内容を確認すれば一目で分かります。

  • ・裏面に印刷が施されているのでしっかり保護できます。
  • ・前述の2つと比較した時に価格が最も高くなってしまいます。

シールの構造3

  
ご紹介した個人情報保護シールについてご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone