今回は特殊なホイル紙素材について皆さんにご紹介したいと思います。

スタッフブログでもホイル紙について9月のブログ記事「銀色+・・・=?」でご紹介させていただきました。

このときは色の使い方についてでしたが、商品を検品する際に活躍する特殊なホイル紙素材「MSゴールド」を少しご紹介いたします。

 

商品の検品の時に機械が反応したとき、シールが反応するとすぐに思い当たる方は少ないのではないではないでしょうか。

 

『そんなことはないでしょ~(〃 ̄ω ̄)σ』

 

と思われる方もいらっしゃると思いますが
実際にこのような悩みを持たれてお問い合わせされたお客さまもいらっしゃいます。

 

普通のホイル紙は表面にアルミ加工を施してあるのですが、
この加工が検品の時に引っかかってしまうということがあります。

ですが、MSゴールドという特殊なホイル紙素材は、従来のホイル紙とは違い、
紙の表面に「アルミの粉末」を混ぜた「特殊なインキを塗布」することによりメタリックな質感を出した素材です。

 

通常のホイル紙の様な強い艶感はありませんが、検品時のお悩みを解消したいというときにはいかがでしょうか。
ベースは同じ紙素材なので、簡単に破れてしまいますので、ご使用の際には通常のホイル紙素材と同じように
破れや水濡れ等にはご注意ください。

 

ご紹介したホイル紙素材のほかにも、シールの素材についてご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone