今回は箔押し加工の種類についてご紹介します。

 

シール印刷のご注文でも、商品名やシールの縁を箔で光らせたりと
ちょっとプレミアムな印象にしたいことがあると思います。
シールのことについて工場研修を受けた時に実はこの箔押しについても地域差があると教えてもらったことがあります。この違いについて少しご紹介します。

 

青金
●3号金(青金)
赤金
●6号金(赤金)

  
西日本は関西の好みの影響かより金が濃くでる赤金、
東日本で好まれやすい青金は白みがかっていて金色よりもさらに「金色らしく」といった特徴があります。
実際に印刷したラベルを並べてみると違いが分かります。

 

 

青金ラベル
青金の箔を使ったラベル
赤金ラベル
赤金の箔を使ったラベル

 
その他にも色箔はもちろん、箔押し加工には、電子レンジで加熱しても箔がスパークしない特徴を持った箔。
熱で箔を定着させるのではなく、箔フィルムの裏に糊が付いていて、
シールの表面に貼る方法のコールド箔などもあります。
  
箔押し加工だけでも種類が沢山ありますので、
気になることやご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ
 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone