以前シールの仕上げ方法について少しご案内しました。
今回はその中の一つ台紙に切れ目をいれたときはどのようになっているのかについてご紹介します。
こちらの写真は横長いシールの台紙に2本切れ目が入っています。
お客様からご注文があった時、右から何ミリ、もしくわ左から何ミリなのかヒアリングし、
シールの素材を仕入れる時には指定の位置に切れ目が入っている状態で素材をメーカー様より仕入れています。

 

 

台紙に切れ目が入った部分を剥がしてみるとこのようになります。
このようになっていることで、後で様々な商品にシールを張り付ける際に
正確な位置決めを行うことができます。

 

剥がしにくいシールを剥がしやすくしたい、
正確な位置にシールを貼らなければならないというご要望の際には
ご注文の際にオペレーターへお伝えください。

 

その他ご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone