今回は以前紹介したシルク印刷シールとは違う
シールに一体感を与えるクリスタルドーム加工についてのご紹介です。

 

 

クリスタルドーム加工ではポッティングシールと呼ばれる変わったシールを作ることができます。
印刷を行ったシールの上に透明な樹脂をのせ、乾燥させると立体的なぷっくりとしたシールになります。

ポッティングシールは耐候性・耐水性があるので、携帯はもちろん、
バイクやクルマなど屋外環境でも使用できます。
傷が付きにくくプリント面の保護、擦過性・耐水性にもすぐれています。

 

「ぷっくりしてて、かわいくて、さわりたくなる」

 

実際にこの加工で作ったシールがこちらです!

 

 

この加工方法で作る際には選べる素材が限られています。
フィルム系のPET素材でなければ、樹脂を盛る時に印刷した素材に浸透してしまってしまうからです。

 

気になることやご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone